介護業界の施設形態

介護施設の特徴をしっかり理解する事が大切

機能訓練指導員が活躍する介護業界には様々な施設があります。

それぞれの介護施設で特徴が違い、機能訓練指導員に求められてくることも変わってきます。

機能訓練指導員として介護業界へ転職をする時には、それぞれの介護施設の特徴をしっかり理解する事が大切。

ここでは介護施設の施設形態についてご紹介しています。それぞれの介護施設の特徴をしっかり理解して就職先選びに役立ててほしいと思います。

特別養護老人ホーム(特養・老人福祉施設)

在宅での生活が困難な高齢者が介護サービスを受けながら生活する特別養護老人ホーム。特養、老人福祉施設と呼ばれる事もあります。

特別養護老人ホームで介護を受けている高齢者の介護レベルは3~5といった要介護度の高い高齢者になるので介護をする介護士や機能訓練指導員にはそれなりのスキルが求められます。

介護業界でさらなるスキルアップ、キャリアアップを目指しているという方には適した職場になり、日々様々なスキルを身に付けながら仕事をしていくができます。

また、特別養護老人ホームは入居者の終の棲家ともなりえる場になり、長期に渡って入居者と接していく事になります。1人ひとりの入居者と家族同然に接しながらサービスや介護を行なって行く事が求められます。

デイサービス

食事や入浴、排泄などの日常生活上の介助、機能訓練や介護予防の要素を取り入れたサービスが特徴のデイサービス。日帰りの介護サービスになります。

デイサービスの利用者は日中、他の利用者とレクリエーションや趣味を楽しむ事ができ、他にも機能訓練(リハビリ)や介護予防を行いながら夕方までの時間を過ごします。

そのためデイサービスで働く介護スタッフにはコミュニケーション能力やレクリエーションやイベントを考える企画力も求められます。

デイサービスの利用者は比較的、介護レベルの低い高齢者になるため、介護業界未経験の機能訓練指導員にはおすすめできる職場です。

実際に求人でもデイサービスの求人は未経験者を歓迎している傾向にあり、デイサービスで介護の基本的なスキルを身に付けている機能訓練指導員は多いですね。

有料老人ホーム

有料老人ホームは日常生活上のさまざまな介護サービスを提供する高齢者居住施設。主に民間企業によって運営されています。

勤務する施設のタイプによってサービス内容や介護内容は大きく異なってくるため、機能訓練指導員として有料老人ホームで働く場合には就業前に必ず仕事内容や求めらえる事を確認しなければいけません。

また、有料老人ホームには介護士、機能訓練指導員の他にも様々な職種のスタッフも働いているのでそうした方ともうまく連携を取りながら仕事をしていかなければなりません。

協調性やコミュニケーション能力をはじめ、レクリエーションやイベントを考える企画力も求められてきます。

ショートステイ

ショートステイは数日~数週間程度の短期間、日常生活上の介助や機能訓練などを受けながら滞在できる介護専門の宿泊サービスです。

高齢者の家族がなにかしらの理由で数日間介護する事ができない場合にショートステイが利用されます。

ショートステイを利用する高齢者は短期間のみの滞在になるため、心を開いてくれない人、スタッフに逆に気を使ってしまう人、そこまで親しくなる事ができない人もいます。

しかし、利用者が安心して生活できるようにサポートしていかなければならないのでやりとりの中から利用者の気持ちを読み取れる心遣いが必要です。

ショートステイでの機能訓練指導員の役割は一般的な介護施設と同様に機能訓練(リハビリ)がメインになり、他にもレクリエーションを企画したり、高齢者とうまくコミュニケーションを取る事も求められます。

老人保健施設

在宅復帰をめざし、医療管理下での介護や回復期リハビリテーションを提供する施設が老人保健施設です。

老人保健施設には回復期リハビリテーションがあるという事で多くの機能訓練指導員が働いています。

ただ、老人保健施設を利用している高齢者の中には入院までは必要ないが介護レベルが高い方もいるので接し方や介護方法、機能訓練にはある程度のスキルが必要です。

老人保健施設で働く際の注意点としては、数字が重視される事があります。例えば、在宅復帰率。この数字が高ければ信頼できる老人保健施設という事を証明する事ができるので施設側も質の高いサポートで高齢者の在宅復帰を目指しています。

老人保健施設で働くスタッフ一人ひとりにもこうした事が求められてくるので高い意識を持って仕事をする事が求められます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓