機能訓練指導員求人.com > 看護師 > 介護業界 看護師の需要と将来性

介護業界 看護師の需要と将来性

介護業界で看護師が働くメリット

介護業界で看護師が働くメリットは、たくさんあります。

・夜勤がない施設を選ぶことができる
・残業が少なく、基本的に定時で上がれる施設が多い
・看護だけではなく、介護のキャリアを積むことができる
・同業の看護師だけではなく、介護職など他のスタッフと働くことができる

などがあります。

介護業界では、夜勤や緊急時の対応がない職場ですと定時で終業することができる施設が多いようです。

今まで病院やクリニックなどでの激務の中働いていた看護師さんや出産や育児などでブランクがある方など、介護業界で看護師として働くことをオススメします!

介護の現場では、看護師にしかできない業務内容もあります。

そのため、看護だけの経験だけではなく、介護のキャリアを積むことができるというメリットがあるのです。

介護業界での看護師の需要はまだまだ高くなっていく

また、介護業界ではさまざまな職種の方が働いています。

看護師以外の介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャー、リハビリ専門スタッフなどと、協力し合いながら、利用者さんのケアをしていきます。

病院やクリニックでは味わえない仕事をすることができるので、とてもやりがいのある仕事内容と言えるでしょう。

病院などで働く看護師の仕事内容は、主に治療や医師の補助業務が中心となっています。

介護業界で働く看護師の仕事内容は、今の生活状況を維持し、継続していくための看護が中心となります。

介護は利用者さんの「自立支援」が基本となるため、看護師は医療や看護の考え方から健康管理やアドバイスを行います。

そのことから、介護業界での看護師の需要はまだまだ高くなっていくと言えます。

介護業界は未経験でも十分に就職しやすい職場

介護業界は未経験でも、十分に就職しやすい職場だと思います。

なぜなら、介護業界は高齢化社会が進んでいるのでさらに発展し、多くの人材の求人が増えていく可能性があるからです。

厚生労働省が発表した高齢者人口のデータによると、2025年には今より約790万人までに増加するとされています。

高齢者の人口が増えるということは、それだけ介護を求める人が増えるということですよね。

「介護の現場は未経験」だからといって、介護業界で働くことを諦める必要はないと言えるでしょう。

先ほどもご紹介しましたが、介護業界ではこれからもさらに求人数が増えて行くと思われます。

ですが、介護業界で働くことは決して甘くはないようです。

厚生労働省が発表したデーターによると、介護業界で働いていた人の離職率は、約17%とされています。

全職業の離職率は約12%とですので、比べると約5%ほどの違いですが、介護業界の離職率は高いと言えるでしょう。

どんな職業でもツライことや我慢しなくてはいけないことはありますよね。

そして、その会社で働いてみないと辛さはわからないものです。

ですが介護職では、他の職業では感じられない辛さや厳しさが少しだけ多くあるのかもしれませんね。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

介護業界 看護師の需要と将来性:関連ページ

介護業界 看護師の給料・年収
デイサービスの看護師の給料 正社員 お給料は、それほど高いとは言えません。 夜勤がまったくなく、残業も少な目な […]
介護業界 看護師 やりがい・魅力
医療独自の目線から専門的な処置やケアをすることが求められる 機能訓練指導員は、「理学療法士」「作業療法士」「言 […]
機能訓練指導員 看護師 仕事内容・役割
機能訓練指導員としての看護師の役割・仕事内容 機能訓練指導員とは、特別養護老人ホームやデイサービスなどの介護施 […]
看護師 介護施設 求人
看護師は介護施設で機能訓練指導員として働く事ができる 若い頃は、残業の時間が長かったり、夜勤が多かったりしても […]