機能訓練指導員求人.com > 作業療法士 > 作業療法士求人の募集状況

作業療法士求人の募集状況

求人や募集状況をみると右肩上がりの傾向

作業療法士になるには、国家試験に合格する必要があります。

国家試験を受験するには、国が指定する作業療法士養成学校を卒業しなくてはいけません。

養成学校には、大学・短期大学・専門学校などがあり、卒業と同時に作業療法士国家資格の受験資格を得ることができます。

作業療法士国家資格の合格率は約80%となっています。

作業療法士は国家資格を取得後の就職率はほぼ100%と言われています。

作業療法士の現在のニーズはどうなっているのでしょうか。

作業療法士の求人や募集の状況は、就職や転職を考えている方には気になる所ですよね。

一般的に言われていることは、作業療法士はリハビリ業界の中では重要な役割を持っているので、求人や募集状況をみると、右肩上がりの傾向があると言われています。

そのため就職先も多く、細かい条件を付けて選ばなければ就職や転職先に困ることはないと言えるでしょう。

⇒作業療法士求人が見つかる介護求人サイト!『カイゴジョブ』

高齢化社会の現在、作業療法士のニーズは高まっている

しかし作業療法士になる人は、自分がどの領域で働きたいかしっかりと決めてから就職先を探すことが多いので、就職先には困らないと一言で片づけることはできないのです。

目標としていることがハッキリしているため、就職活動で失敗してしまう人も中にはいます。

高齢化社会となっている現代では、作業療法士のニーズは高まっていることが予想できます。

作業療法士が職場で選びやすいのが、病院施設となると思います。

その中でも、人気のある場所やない場所が分かれます。

人気のある職場では求人数の約2倍以上の倍率になるケースもあるようです。

また、待遇面が良く退職する作業療法士が少ないために募集人員が少ないケースもあるので、それも倍率を上げていることになるようです。

倍率が高いからといって良い職場・・・ということではなく、偶然が重なっているだけという場合もあります。

本当はどのような雰囲気があるか、現場はどのような感じなのかなどを確かめるために、見学などをするようにしましょうね。

現在の募集状況では、作業療法士の就職先は困ることはないように感じます。

けれどもこれから先、作業療法士が増えていくことによって、このような状況が変わることも考えられます。

作業療法士の資格を持っているから就職先で悩むことはない、と就職先がたくさんある現在の状況が当たり前という考え方を変えなくてはいけない時期がくることは確かです。

⇒業界トップクラスの介護求人サイト!『カイゴジョブ』
⇒転職エージェントのサポートあり!『メドフィット』
⇒転職に役立つ情報が満載!『介護求人ナビ』

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

作業療法士求人の募集状況:関連ページ

作業療法士 新卒求人
就職先をお探しの新卒の作業療法士さんへ 介護業界にも広がりをみせている作業療法士のお仕事。 作業療法士は介護業 […]
作業療法士 転職 病院勤務を辞めたい!
転職、退職をお考えの作業療法士さんへ 手に職が就き、安定している作業療法士のお仕事。作業療法士になるには国家資 […]
作業療法士 高給与、給料が高い求人
介護業界での需要が高まってきている作業療法士 リハビリの専門職『作業療法士』。近年では介護業界にも活躍の場が広 […]
作業療法士はバイトやパートでも働ける?
バイトやパートでの働き方もある作業療法士 作業療法士のアルバイトやパートの募集を探している方がいらっしゃると思 […]
作業療法士の苦労・悩み
リハビリの仕事は医療の世界では発展途上段階 作業療法士の仕事って何をするの? 患者さんからこのように聞かれたこ […]
育児や家事と作業療法士は両立できる?
結婚や出産後も働き続けている作業療法士は多い どの職業でも言えることですが、女性は結婚・妊娠・出産をすると1度 […]
作業療法士 給料・年収
作業療法士のニーズは高まってきて介護業界 患者さんが自立した生活を送れるように訓練や指導をサポートする仕事内容 […]
作業療法士求人が見つかる介護業界専門求人サイト
活躍できる場が多くある作業療法士 作業療法士の就職先は、医療関係だけではなく多様にあります。 病院やクリニック […]
作業療法士の将来性・需要
作業療法士は将来性がある仕事 作業療法士は日常生活を送る上での必要な機能回復をサポートをする作業療法士。 身体 […]
作業療法士のやりがい・魅力
作業療法士の魅力って? 作業療法士は、どんな所に魅力があるでしょうか。 患者さんは、子どもから大人まで様々な年 […]