機能訓練指導員求人.com > 看護師 > 機能訓練指導員 看護師 仕事内容・役割

機能訓練指導員 看護師 仕事内容・役割

機能訓練指導員としての看護師の役割・仕事内容

機能訓練指導員とは、特別養護老人ホームやデイサービスなどの介護施設に1人以上の配置が定められている職業です。

ですが、「機能訓練指導員」という資格があるわけではありません。

機能訓練指導員として働くには、

・柔道整復師
・作業療法士
・理学療法士
・言語聴覚士
・あんまマッサージ師
・看護師
・准看護士

などの医療や介護の国家資格を取得している方が従事することができます。

仕事内容は、介護施設(デイサービス・老人ホームなど)や病院などで日常生活の向上や維持を目標にし、利用者である高齢者ができるだけ「自立した生活」を送ることができるようにサポートすることとなります。

一人一人に合った、歩行練習・筋力トレーニング・マッサージなど目的に合わせたリハビリメニューーを利用者本人や家族と相談しながらムリなく実行していきます。

また、定期的に利用者の体力を測定し、結果を見ながらリハビリの調整を行います。

リハビリメニューは、計画的かつ状況に応じて適切に対応することが大切です。

機能訓練指導員として活躍できる場所は、特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・病院・デイサービス・デイケア・訪問介護ステーションなど、さまざまな介護施設となります。

デイサービス

デイサービスは、毎日利用者が送迎車でデイへ来所し介護サービスやレクリエーションなどをし夕方に帰宅されます。

このようなパターンが一般的となっています。

先ほどにもご紹介しました通り、機能訓練指導員は介護施設に必ず配置される職種となっています。

利用者さんの介護予防として、機能訓練の指導を行います。

デイケア(リハビリ型デイサービス)

近年増えてきているのが、リハビリ型デイサービスとなります。

リハビリや介護予防専門になっているので、介護度の低い高齢者にも気軽に参加することができるというメリットがあります。

施設には、トレーニングをする機械や歩行練習マシンが備えられている所が多く、一人一人に合わせたリハビリメニューを行うことができます。

介護施設(特別養護老人ホームなど)

介護施設においても、機能訓練指導員の配置が義務づけられています。

利用者さんへの介護サービスをしています。

機能訓練指導をする看護師に求められること

機能訓練指導をする看護師に求められることは、医療視点からのケアとなります。

例を上げれば、バイタルチェック・健康管理・投薬管理などがあります。

介護で求められる仕事もたくさんあります。

病院やクリニックなどで経験している看護師目線で、専門的な治療やケアを求められます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

機能訓練指導員 看護師 仕事内容・役割:関連ページ

介護業界 看護師の給料・年収
デイサービスの看護師の給料 正社員 お給料は、それほど高いとは言えません。 夜勤がまったくなく、残業も少な目な […]
介護業界 看護師の需要と将来性
介護業界で看護師が働くメリット 介護業界で看護師が働くメリットは、たくさんあります。 ・夜勤がない施設を選ぶこ […]
介護業界 看護師 やりがい・魅力
医療独自の目線から専門的な処置やケアをすることが求められる 機能訓練指導員は、「理学療法士」「作業療法士」「言 […]
看護師 介護施設 求人
看護師は介護施設で機能訓練指導員として働く事ができる 若い頃は、残業の時間が長かったり、夜勤が多かったりしても […]