機能訓練指導員求人.com > 言語聴覚士 > 言語聴覚士 仕事内容・役割

言語聴覚士 仕事内容・役割

介護施設では幅広い役割を担っている言語聴覚士

機能訓練指導員として介護施設で活躍している言語聴覚士の方は多くいます。

言語聴覚士とは話す事や聴く事に不自由がある方の機能訓練(リハビリ)をメインに行っていきます。

言語聴覚士の主な職場は口腔外科、耳鼻科、リハビリテーション科などの医療機関になるのですが、介護施設での活躍の場も年々広がりつつあります。

介護施設には脳卒中や脳梗塞などによって話す事や聴く事が不自由になってしまった方も多くいますので言語聴覚士を機能訓練指導員として迎え入れている介護施設は多くありますね。

言語聴覚士は他にも食べる事や飲みこむ事に関しての機能訓練も行なっており介護施設では幅広い役割を担っている事になります。

⇒言語聴覚士求人がみつかる介護求人サイト!『カイゴジョブ』

言語聴覚士の必要性

人間は生きていく上で話す、聴く、食べる、飲みこむ、という動作は必要不可欠になります。

話したり聴く事ができないと人とコミュニケーションをとる事もできませんし、食べたり飲んだりできないと栄養を摂取する事もできませんよね。

これらの動作に不自由がある高齢者にとって言語聴覚士は必要とされ、とても大きな存在になります。

こうした方の期待に応えるためにも言語聴覚士は介護者の身体の状況をしっかり把握し、介護者1人ひとりに合ったリハビリ療法を見つけて機能訓練をしていく事が求められてきます。

言語聴覚士にはコミュニケーション能力も必要

言語聴覚士にはリハビリに専門的な知識はもちろん必要になりますが、他にもコミュニケーション能力も必要になってきますね。

介護者とうまくコミュニケーションをとる事ができないとリハビリにも支障がでてきますし、介護者の身体の状況もしっかり把握する事ができなくなってしまいます。

日頃から介護者とはうまくコミュニケーションを取る事で仕事もスムーズに行う事ができるようになります。

また、介護者だけではなく周りのスタッフとのコミュニケ―ションも大切になります。

介護施設では言語聴覚士以外にも様々な職種の方が働いています。

理学療法士や作業療法士といった言語聴覚士と同じく機能訓練をメインに行う方や介護士、看護師、栄養士、事務員、など多くの職種のスタッフがいます。

介護者に快適な生活をしてもらうためにも他の職種の人とうまく連携を取りながら仕事をして行かなければなりません。

うまく連携がとれないと介護者に迷惑をかける事に繋がってしまうので同じ施設で働いているスタッフともうまくコミュニケーションをとる事も必要になります。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

言語聴覚士 仕事内容・役割:関連ページ

言語聴覚士 転職 病院勤務を辞めたい!
今の職場環境に不満がある言語聴覚士さんへ 現在、病院勤務をしている言語聴覚士さんの中には仕事をやめたい、転職を […]
言語聴覚士 高給与、給料が高い求人
高給与で働く事ができる介護業界を職場に選択している言語聴覚士が増えてきている 医療機関や介護・福祉・教育など、 […]
言語聴覚士の転職ポイント
幅を広げて求人探しを行う ここでは転職をお考えの言語聴覚士の方へ、転職を行う際にポイントになる事をご紹介してい […]
言語聴覚士の需要と将来性
言語聴覚は将来性がしっかりあるお仕事 医療や介護の世界での活躍の場が広がっている言語聴覚士。 特に近年では介護 […]
言語聴覚士の魅力
言語や聴覚に障害がある方をサポートできる言語聴覚士 ここでは言語聴覚士のお仕事の魅力についてご紹介しています。 […]
言語聴覚士の就職事情
機能訓練指導員として介護施設で働いている言語聴覚士の方も多い 年々、需要が高まりつつある介護業界のお仕事。 介 […]
言語聴覚士 介護施設 求人
言語聴覚士とは リハビリテーション専門職のひとつに言語聴覚士という職種があります。 言語聴覚士は『話す・聞く・ […]